キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 溝の口の歯医者でステインのケア : 溝の口の歯医者相談室

溝の口の歯医者でステインのケア

溝の口の歯医者相談室

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
溝の口の歯医者でホワイトニングやクリーニングを定期的に行うことで、歯についたステインをキレイにしよう
溝の口の歯医者相談室main画像

溝の口の歯医者でステインのケア

歯の黄ばみ、変色は気持ちが落ちるものですよね。

歯にステインといわれるシミがついた状態だと、普通の歯磨きではなかなか汚れが落ちません。

溝の口の歯医者でホワイトニングをして、歯を白く保つケアを行うことになります。

歯にステインをつけないようにするには、歯に色が付着しやすいといわれている食べ物に注意をすることです。

食べたらすぐに歯磨きをしておくなど、その都度ケアをしていきます。

良く指摘される、コーヒー、紅茶、日本茶、烏龍茶などのお茶のステインは、急須や湯飲み、コーヒーカップなどに茶渋がついて変色するのと同様、歯にもシミをつけます。

赤ワイン、ぶどう、ブルーベリーなどの色素の濃いぶどうを使った食品も、シミの原因になります。

洋服やカーペットにワインをこぼすと、シミがついて取れなくなりますが、歯にも同じようなことが起こるわけです。

同様にカレー、ケチャップ、ミートソースのスパゲッティなども要注意です。

色が濃い食べ物で、いかにもシミがつきそうなものは、歯にもステインになります。

歯の汚れが残りやすい食べ物は、意外に身近なものばかり。

カレーうどんやパスタにコーヒーのランチ、赤ワインにイタリアンなども、歯が汚れやすいんですね。

歯の表面がざらっとしていると、歯の汚れがついています。

歯のステイン予防は、食べたあと水を飲んだり、歯を磨いたりするのも大切ですが、溝の口の歯医者で定期的にホワイトニングやクリーニングをしていくことも効果的です。

Copyright www.akamidwestern.com.